過払い請求~和解と訴訟について~トップ >>

過払い請求訴訟の和解と訴訟

過払い請求~和解と訴訟について~へアクセスしていただき、ありがとうございます。

過払い請求~和解と訴訟について~

過払い請求では、争点がある場合は訴訟になることがあります。

過払い請求訴訟をしたくない場合は、少し減額して和解に応じるのも良いかもしれませんが、その場合は、どの程度まで譲歩するか予め決めておきましょう。

過払い請求訴訟で和解した場合、あるいは判決が確定した場合は、それぞれに従って過払い金を支払ってもらえることになります。

金融業者が過払い請求に応じなかった場合には、訴状の作成という作業に入ります。

実際のところ、多くの場合は、途中で金融業者側から和解案の提示があります。

そこで、納得する金額を提示された場合には和解へ、また金額に納得いかなければ判決まで進んでいくのが良いとされています。

過払い請求は、必ず訴訟による解決というわけではありません。

金融業者に対して訴訟外で過払い請求をしますとほとんどの場合、減額を要求してくるものだといいます。

減額に応じるかどうかは借主の判断によりますが、もし訴訟となりますと圧倒的に金融業者側が不利ですから安易に減額要求に応じることはないでしょう。

過払い請求の和解と訴訟についてを詳しく見ていきたいと思います。

過払い請求~和解と訴訟について~記事一覧

過払い請求~和解と訴訟について~

過払い請求の和解と訴訟

相互リンク

当サイトについて

過払い請求~和解と訴訟について~をお役立てください。

ピックアップ!:口頭弁論

過払い請求の訴訟上での和解の場合は、裁判所から和解に代わる決定という判決と同等の効力を持った決定を出・・・